海洋散骨(海洋葬)とは

海洋散骨(海洋葬)について

海洋散骨(海洋葬)
沼津・駿河湾での散骨ならアクアセレモニー

海洋散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海へ撒きます。
日本では比較的新しい感覚ではありますが、海を愛する方に好まれています。

ページの上部へ

海洋散骨(海洋葬)によるご供養のながれ

海洋散骨(海洋葬)によるご供養のながれ

ページの上部へ

海洋散骨(海洋葬)でのお願い

  • ご遺骨は完全にパウダー化いたします。(2mm以下)
  • パウダー化したご遺骨は水溶性の紙にお包みし、散骨いたします。
    (風によって船のキャビン等に吹き戻される場合があるためです)
  • 原則として、漁場・養魚場・釣り場の要所は避け、陸地より5km以上離れた海上で散骨いたします。
  • 服装は、地域住民への配慮として平服でお願いいたします。
  • 自然環境への配慮から、自然に戻ることのできない副葬品はおおさめできません。

ページの上部へ